劉備とはどのような人物だったのでしょうか?

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-02-03 00:00
劉備とはどのような人物だったのでしょうか?印象をお聞かせください。共感した0###わらじ売りから始まったのに20代前半で県尉、30歳そこそこで国相二千石、33歳で州刺史、38歳で左将軍兼州牧、40歳位で天下に自分より偉いやつは曹操と袁紹しかいないという経歴的にも規格外の人です。呂布と袁術に同時に攻められても死なないし、戦闘回数そのものが桁違いに多い蜀最強の将軍です。曹操が劉備を自身と同レベルに評価しましたが、戦場の最前線で戦うタイプの二人なので集団心理の掴み方や操り方など、曹操が言うように軍事的には類似点が多かったのかもしれません。戦場では死なないし、逃げたと思ったらすぐに兵力を立て直すし、とにかく敵に回してこれほど厄介な相手はいないでしょう。韓遂のしぶとさ×10くらい厄介です。武官を見抜く目はありますが、文官を見抜く目がないですね。そこが文武両道の曹操との決定的な差でしょうか。ナイス1
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###ならず者の傭兵隊長ナイス0
###いざとなったら、自分ひとりさえ助かればいいと割り切った人。ナイス0
###クールな親分肌の男だったと思います。それでいてエリート臭を出さない男陳寿は劉備に関して親切で度量が広かった、みたいなことを述べてます。無口だったとも述べてます。めったに怒らないけど陳寿が意志が強いと評したようにやや頑固で意見を曲げない傾向はある。演義での劉備が軟弱な君子的人物とすれば歴史書の劉備はマッチョイズムを感じさせる男ではあると思います。関羽と張飛を従える男ですから 軟弱な聖人君子だとやっぱり変です。ナイス0
###武力も知力も60〜70そこそこでしょう。政治力は多少なりある方だと思う。ただめっちゃオモロイ奴で人たらしなんで魅力だけはあります。あとは耳がデカイです。下半身に脂肪がついてくると気にするタイプみたいですね。ナイス0

 

TAG