源氏物語の光源氏の親友の頭の中将の(作中に

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-02-03 00:00
源氏物語の光源氏の親友の頭の中将の(作中に登場乗する)子供たちは、年齢順だとどういう順番になるのですか?取り敢えず男子では、長男柏木、次男紅梅大納言、三男?八郎君で、女子では新弘徽殿の女御が長女のようですが、そこに雲居の雁、玉鬘、近江の君…と追加して男女、異腹を混合すると、どういう順番になるのでしょうか。特に雲居の雁、玉鬘、近江の君は、誰が次女、三女、四女になるのですか?この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###頭中将の子息では正妻の子しか登場せず、おっしゃるとおり柏木、紅梅、八郎の順ですが、八郎は「八男」という意味なので、柏木と紅梅の間、紅梅と八郎の間にまだ五人の子息がいる勘定になります。女子については、まず最年長が玉鬘、玉鬘より三才下の弘徽殿女御②(正妻の娘は彼女だけ)、玉鬘より五歳下の雲居雁、近江君は不明ですが、幼稚な言動や真木柱で「最近色気づいて」と書かれているので、雲居雁より二~四歳くらい下と思われます。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

 

TAG