アメリカ海軍が今の防空艦隊に対艦ミサイル艦

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-02-01 00:00
アメリカ海軍が今の防空艦隊に対艦ミサイル艦を編成したら?どうなりますか?共感した0###タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦やアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦は、対艦ミサイルも装備しているのだが(アーレイ・バーク級の場合、ハープーン対艦ミサイルを装備していない艦もある。ハープーンの後継のLRASMはMk41VLSからの発射が可能あと極超音速対艦ミサイルに対処不能ってのは全くの虚偽だから。SM-6なりESSMの改良型で対応が可能だし、いずれはレーザー砲で撃ち落とす方向性なんだろうな。ほぼ実用化段階だが。ナイス0
###「防空艦隊」という意味が不明です。米海軍に限らず、水上艦隊は対艦・対潜・対陸上・航空作戦・輸送などの役目を1つ、又は複数を担いますが、「防空」というのは艦隊自らを守る意味ですから、その名称を持つ艦隊が存在するとは思えません。艦隊内の1艦。又は複数の艦艇が主に防空を担う事は一般的です。また、米海軍に「対艦ミサイル艦」というものは存在しません。米海軍では、主たる任務を果たすために、VLSなどによりミサイルを多数積んだミサイル巡洋艦やミサイル駆逐艦と攻撃型潜水艦(場合によりミサイル原潜も)を組み合わせて遠征打撃群 ESG(Expeditionary Strike Group)を編成したり、空母も加えてより艦数を増やした空母打撃群 CSG(Carrier Strike Group)を編成したり、水上艦3艦程度での小規模水上部隊 SAG(Surface Action Group)を作ったりします。ミサイル巡洋艦/ミサイル駆逐艦は、対艦ミサイルだけでなく対空ミサイルや対地攻撃用ミサイルも任務の必要に応じて搭載できます。ナイス0
###今のテクノロジーでは極超音速ミサイルには無力です。ナイス0

 

TAG