既に地下構造の調査がされて、大きな油田の可

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-18 00:00
既に地下構造の調査がされて、大きな油田の可能性はないことが確認されていて、もう見つからないのかな。共感した0###大きな油田が見つかる可能性は極めて少ないね。でも小さい油田はまだいくらでもあるよ。ナイス0
###ないな。単発の小さな油田くらいは見つかっているが。今後は油田ではなくシェールだ。だがシェールの大規模開発よりも再生可能エネが先だな。ナイス0
###1950年代には『石油は30年で枯渇』と言われました。30年後の1980年には『石油は50年で枯渇』と言われました。 つまり、石油は『採掘』される量より、新たに『発見』される量の方が多いのです。今後も新たに『発見』されることが続くでしょう。 それよりも、『石油の消費量』の減少が始まります。日本も原油の輸入量は年々減っています。 自動車の『EV化』も進んでいきます。石油資源についての心配は必要が無くなると思っています。 シェールオイル資源が、米国を『石油輸入国』から『石油輸出国』に変えましたが、中国には米国以上の『シェールオイル資源』があるそうです。ナイス0
###石油はこれからも作られますので、1億年ぐらい経てば、また大規模に溜まるのでは?ナイス0
###今の所シェールオイルも日本には多くは無いと考えられています。しかし、最近恐竜の化石が各地で発見されていますのでもしかしたらある程度はあるのかも知れません。ナイス0

 

TAG