軽自動車枠撤廃は、小型車の新車が出てこない

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-29 00:00
軽自動車枠撤廃は、小型車の新車が出てこない日産にとって有利な事ですか?共感した0###日産マーチは初代元気の良いリッターカーで対ダイハツ対策もあった車種ですね。バブル弾けてからは軽四市場に流れるユーザーを食い止める戦略車になった。主力を国内製造からタイ製造主力に切り替えて製造単価も下げられたのですが、元々が安い車だから量を売ってもたいして儲からない車でもあった。またさらに景気の冷え込みもあって小型車市場から軽四市場に流れるユーザーが増え日産自体も三菱軽四をOEMしてマーチ以外の受け皿を持つしかなくなったわけです。この現象、基本的にはトヨタもホンダもマツダも一緒です。トヨタは現在小型車のかなりの部分が実質ダイハツ設計、委託製造車が多い。あのBBですら雛形車はダイハツクーで、トヨタのBBは実質OEM車に近い。北米ではマツダデミオの前後バンパーを変更して販売。軽四のトヨタ車はダイハツOEM車ですね。マツダはスズキ車をOEM。ですので軽四から普通車まで自社設計製造しているのは三菱とホンダぐらいです。もし軽四枠撤廃されたら米国から見えない「非関税障壁」と批判され、実際守られてきた軽四製造メーカーは打撃でしょう。税制や車庫証等々で優遇されて伸びてきたメーカーですので。ダイハツも同じです。ただソリオなどの製造販売実績、ソリオのオペルへのOEM配給による旧東欧などの中所得層向け販売、インドなどでの軽四枠車に800CCエンジン搭載による販売等あるので伸びる可能性はあります。日産マーチは設計年度が2000年初頭で、タイ生産切り替えで、高張力鋼板の使用も最低限。設計が古すぎで、色を変えバンパー等のデザイン変えで小手先目先替えで生き延びて来た車ですね。安全性能的にももう新設計すべき時期に来てます。儲かる車ではないので、どこからかOEMで引っ張ってきて流動的な小型車市場ユーザーを現状維持させる方向で考えるしかないでしょう。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###軽自動車枠撤廃は、小型車の新車が出てこない日産にとって有利な事ですか? デマではないでしょうかナイス0
###日産にとっては、不利でしょう。ナイス0

 

TAG