説明系の本を読む時って小見出しを意識します

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-18 00:00
説明系の本を読む時って小見出しを意識しますか?ビジネス書、教科書、自己啓発本などです。この手の本は大きな太字で小見出しがあり、そこによく以下に何が書かれているかや、ねらいなどが要約されていますね。そしてその後に小さな細字で本文が続きます。この手の本を読むとき小見出しを意識しますか?小見出しを目を通すだけじゃなく、小見出しを踏まえて本文に進みますか?説明が上手くなくてすみません。共感した0###小見出しも意識しますし、その見出しの「並べ方」や「順番」などの「理論構成」も意識して読みます。そういう系統の本は「作者の意図を深く分析して、理解する」その理解した内容から「今の自分に欲しい答えを導き出す」という読み方をするのが効果的です。小見出しか「構成」を読み取ると「第2章では、想定している反論の為の証拠提示で、作者の主張は次の第3章がメインだな」とか、分析しながら読めるので、使うエネルギーが少なくて、本が読めて良いですよ( ^ω^ )ナイス0
###その手の本は目次に記載された小見出しで大体の流れを予測→自分が読みたい所に飛ぶという風になるのではないでしょうか。近いジャンルを読むと大体同じ内容が書いてある→小見出しで既に知ってる内容なら読み飛ばしても大丈夫だな、という風になるかと。ナイス0

 

TAG