労働環境について質問です。私は販売業の部門

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-27 00:00
労働環境について質問です。私は販売業の部門責任者をしているのですが、働き方改革の一環として会社の36協定が今年度から改正されて残業時間の上限が減りました。しかし人員配置や仕事量がほとんど改善されずただ残業ができなくなっただけも同然で残業すれば評価が下がり、残業しなければ仕事にならなくてどうしようもなくなっています。知る限り他の支店でも月末になると社員の残業時間が足並み揃えて上限ギリギリで止まっている(超過分はサービス残業をしている)状態で、上司にも現場で無理が生じている旨を相談し解決策を聞いてみたのですが「どうにか上手くやってくれ」「やるしかない」などと言葉を濁して逃げられています。私自身の仕事に至らない点があり時間がかかってしまっているのも事実ですが、他の従業員も含めた練度不足、従業員の就業時間の偏り等明らかにそれ以前の問題ですし、出来ないなりに真剣に働いてきたつもりです。成果が出ていない等の理由で叱責されるならまだしも、上司すら原因に気付いているのに全てこちらの責任にされるのは納得がいきません。労基に相談も考えたのですが残業分の給料は支払われていますし、会社は36協定を守るよう従業員に周知していて、上記を踏まえて現在の実害として挙げられそうな点が環境の悪化と不当な評価といった程度です。自分で言うのも何ですが、労基に相談するにしては重大さが低い上に伝わりづらい気がしています。改善は厳しいとしても他に相談できるような場所はあるでしょうか。また、このような状態が続くのであれば転職も視野に入れたほうが良いのでしょうか。皆様の経験やアドバイスを伺えたらと思います。この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###弁護士、社外労組ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###改善するには労働組合をつくるしかないです。労働組合は二人からつくることができます。労働組合がなければ会社の一方的な労働条件になってしまい従業員が会社に話あいの申し入れをして会社が拒否しても法的におとがめはありません。 そうなれば、会社がブラック企業になってしまいます。労働組合が機能しなくなったり解散しブラック企業になってしまった例はよくあります。しかし労働組合をつくると状況は一変します。労働組合をつくると会社と対等に話あいが出来る権利、団体交渉権(憲法28条労働3権)が得られ団体交渉は正当な理由なく拒否できません。拒否したら禁固刑を含む厳しい罰則があります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=wM1yvU6pe_A&sns=em最近は労働組合をつくるきっかけとして個人加盟労働組合もありますし、労働組合をつくると就業規則より効力の強い労働協約を締結できます。 法規の効力の順番に憲法>法令>労働協約>就業規則>労働契約>業務命令になります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=qYkSA_d32PI&sns=em 労働組合をつくることにより会社から妨害行為や団体交渉がこじれたりしても労働委員会という機関に不当労働行為の救済申し立てができます。http://www.youtube.com/watch?v=KyyZrYLYuvk&sns=em 詳しくは、ネットで労働相談ホットラインと検索してフリ-ダイヤルで電話相談してみてくださいナイス0

 

TAG