海外ドラマのウエストワールドのシーズン2のエ

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-18 00:00
海外ドラマのウエストワールドのシーズン2のエピソード10で黒づくめのカウボーイ ウィリアムがドロレスに拳銃で4発撃ち込みましたがドロレスは平気な感じでした。どうして平気なのかわかりません、少なくとも痛みは感じると思うのですが。。5発目で暴発したのはテディの頭に打ち込んだ潰れた弾丸をウィリアムの銃に装填したためだというのはわかりました。その他にもドロレスがウィリアムの銃になにか細工をしたのでしょうか?宜しくお願いします。共感した0###ウエストワールドのパーク内の銃は本物です。しかしホスト(ロボット)の銃の弾は偽物で、人は殺せません。しかしホストがホストを偽物の弾で撃つとホストは死ぬ(機能停止)ようにプログラムされています。またゲスト(人間)の銃の弾は本物です。ロボットも人間も殺せます。なのでゲストはゲストを殺せますが、1プログラムには本人またはその知人しか人間がいないので誰がゲストかわかるので殺したりはしません(わざとやれば殺人罪)。シーズン1で黒服が牧場で撃たれた時も平気で、今回のドロレスを同じ状態でした。黒服が牧場で撃たれた時は、黒服がゲストだったのでホストには偽の弾丸が入っていたので平気でした。今回黒服が撃った銃には偽の弾丸と潰れた弾丸をドロレスが仕込んでいたと思われます。ドロレスはホストなのですが反乱のためにプログラムを変更しているので偽の弾丸では死にません(機能停止しない)。さらに反乱で人間を殺すためにパークの銃(偽弾丸入り)でなく、本物の弾の入った銃をホストに支給してるシーンがいくつもあります。ナイス0
###ありがとうございます。偽弾にプログラム変更なら確かに死なないですね。ただ演出には納得いかないかな。ゲストに命中した場合はあざになる程度ですがドロレスの身体から血も出ていたのでどういう設定なのかあいまいになっている感は否めないかなぁ。

 

TAG