(以前の御質問の続です。)当方の敷地に木の

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-25 00:00
(以前の御質問の続です。)当方の敷地に木の幹、枝等が落ちて来ての損害賠償について(相手の施設賠償保険)金額等が折り合わなく、保険会社が弁護士に委任しました。当方、現物保存、又、写真等は保管していますが(1度保険会社の調査人が来て写真等を撮って行きました。)弁護士が調査人の写真だけでは現状が分かり難いとの事で、再び状態確認をさせて欲しいとの連絡が有りました。現在は保険会社提示の初めの金額のみ知らせて頂いたのですが、木は数本有り、他の木については保険会社は認めたくないらしく、確認したいみたいです。民事調停をしようと考えている場合、調停前に相手側の弁護士に状態確認させると不利になりますでしょうか。宜しくお願いします。共感した0###任せておくしかないかとナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###調停は訴訟のように対立構造を取りません。双方からの主張や立証を総合的に斟酌して解決策を見出すのが目的ですから、全く不利になりません。むしろ、あなたからの損害の主張や立証において、不十分な点があっても、前向きに理解してくれると考えられます。調停委員会は、あなたの主張や立証が不十分で、解決の一助になり得ない場合は、事実の調査として、相手の代理人弁護士を同道して現場を見に行くことこともあります。ナイス0
###問題の争点が過去質問を見ても書かれていない。台風でということなので自然災害の免責部分と瑕疵があった部分とでの賠償の範囲が決まる事案であり、屋外で所狭しに置かれている状況も疑問があります。状況確認しないことには話は進まないのになぜ不利とか考えるのかも疑問。相手の出方よりもこちらの主張はないのかも疑問です。そもそもどういう風に戦うつもりなのかもわからない。もしや弁護士なしでの訴訟ということであれば無理がある部分も見られるし、弁護士委任をしているのであれば弁護士に聞くべき質問ですよね。ナイス0

 

TAG