小説を書きましたいかがですか 元カテシリーズ

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-22 00:00
小説を書きましたいかがですか 元カテシリーズ 第528回2019年の元カテ元カテは北海道エナジーC支店に勤務する平凡な電気技師である。元カテはM工業大学を三年留年して北海道エナジーに入社した。そして、カタツムリのような歩みではあったが昇進を重ね、現在は施設部長の要職にあった。元カテは大量の飲酒と運動不足により、体力が衰えていた。けれども、彼はピアノを弾いた。お世辞にも上手とは言えなかったが、ともかく弾いた。家には身分不相応なスタインウェイのピアノがあった。猫を三匹飼っていた。息子の大二郎は高校一年であったが、単身赴任している父に常に冷静な視線を注いでいた。彼の関心は目前に迫った大学進学であった。元カテは大二郎が北海道大学に入ることを望んでいたが、大二郎は北海道大学よりも本州の大学に進みたかった。けれども、父の勤務する北海道エナジーの定年が60なので現在56歳の父親の資力では本州の大学に進むことは難しいだろうと考えていた。元カテの妻の杏子の夫に対する愛はすでに冷めていた。けれども、とりあえず単身赴任から帰ってくると洗濯物を洗うことは自らの勤めだと考えていた。我々はこれからも元カテの活躍に目が離せない。おしまい補足元カテシリーズ 第529回 復活の日 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132016117...###爺ちゃんは復活したのか?その小節の主人公は私だが?爺ちゃんが入院してる間に私は1曲Chopin別れをアップしたけど見たらまたなんか言うので見せない。中間部がミスしまくりなので。ナイス0
###でも見せる。ぶつくさ言ってね。https://youtu.be/B8yJ_dr4_7A
###元カテは何で入院したの

 

TAG