馬場と猪木はどっちが強かったですか?

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-21 00:00
馬場と猪木はどっちが強かったですか?共感した0###・プロレスにおける直接対決の実績直接対決で馬場は猪木に16戦全勝ですから馬場。ただし両者が若手だった頃しか直接対決は行われていない。・直接対決以外のタイトル実績(シングル限定)馬場――NWA世界ヘビー3回、インターナショナル3回、PWF4回など猪木――UNヘビー1回、世界ヘビー(AWA世界ヘビー)、IWGPヘビー1回など馬場のNWAヘビーはテーズ、キニスキーを筆頭にプロレス史上に残る面々が巻いてきた当時最高格のベルトであり、その黄金期に唯一日本人でベルトを巻いたのが馬場。この点から考えても、圧倒的に馬場に軍配が上がる。・プロレス以外の格闘技の実績馬場はネタっぽいラジャ・ライオン戦くらいしかない。猪木はプロレスの延長であるルスカ戦やヘーシンク戦、おそらく「ガチ」だったろうと言われるアリ戦など評価の高い試合が多い。よって猪木。・その他考察 猪木がセメント強者だったのは疑いない。藤原や船木らの証言、アリ戦での高い適応性を鑑みればそう考えるのが順当。一方馬場は一見セメントは全くできなさそうであるが、日本プロレスでエースを張っていた頃の動きは前座の「明るく・楽しい」馬場しか知らない世代がひっくり返るレベル。またセメントの古豪、フレッド・アトキンスに師事している事からも全盛期の馬場のセメントレベルは決して低くは無かったろうと推察する。結論お互いが全盛期だった頃がズレており、また両者が別団体を興したために推論で語るしかないが、少なくとも残してきた実績を鑑みれば馬場であろう。ナイス1
###回答ありがとうございます!###猪木でしょ。ナイス0
###babaナイス1

 

TAG