スーパーパートをしています。繁忙時期でない

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-02-13 00:00
スーパーパートをしています。繁忙時期でない時に有給休暇の一週間連休を申請して断られた場合、これからも取得できる見込みがないので契約期間ないではあるが退職したいと申し出ても問題ないですか?申し出て30日後に退職なら問題ないですか?共感した0###労働基準監督署へ行きましょう時季変更は季節の季なので一年間一度も無ければ違法です、https://blogs.yahoo.co.jp/googletojp/37427759.html労働基準法39人身売買リクルート、賄賂で買収文科省労働組合か労働基準監督署に相談しましょう労働基準法☆★↓http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=5&vm=1&r...(年次有給休暇)第三十九条 使用者は、その★雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。2 使用者は、一年六箇月以上継続勤務した労働者に対しては、雇入れの日から起算して六箇月を超えて継続勤務する日(以下「六箇月経過日」という。)から起算した継続勤務年数一年ごとに、前項の日数に、次の表の上欄に掲げる六箇月経過日から起算した継続勤務年数の区分に応じ同表の下欄に掲げる労働日を加算した有給休暇を与えなければならない。ただし、継続勤務した期間を六箇月経過日から一年ごとに区分した各期間(最後に一年未満の期間を生じたときは、当該期間)の初日の前日の属する期間において出勤した日数が全労働日の八割未満である者に対しては、当該初日以後の一年間においては有給休暇を与えることを要しない。六箇月経過日から起算した継続勤務年数 労働日一年 一労働日二年 二労働日三年 四労働日四年 六労働日五年 八労働日六年以上 十労働日第百十九条 次の各号の一に該当する者は、★これを六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。一 第三条、第四条、第七条、第十六条、第十七条、第十八条第一項、第十九条、第二十条、第二十二条第四項、第三十二条、第三十四条、第三十五条、第三十六条第一項ただし書、第三十七条、★第三十九条、第六十一条、第六十二条、第六十四条の三から第六十七条まで、第七十二条、第七十五条から第七十七条まで、第七十九条、第八十条、第九十四条第二項、第九十六条又は第百四条第二項の規定に違反した者二 第三十三条第二項、第九十六条の二第ナイス0
###ありがとうございました。

 

TAG