12vのモンキーに乗っています。

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-01-20 00:00
12vのモンキーに乗っています。エンジンが壊れ、エンジンを載せ替えたいのですが、6vエンジンしか見つかりそうにないです。6vエンジンを載せるためにはどのような加工をすればいいですか?アドバイスお願いします!共感した0###こんにちは>12vのモンキーに乗っています>エンジンが壊れ、エンジンを載せ替えたいのですが、6vエンジンしか見つかりそうにないです余談ですが某オクでしょうか?最近、以前に比べ高騰しているようですねぇ12Vでもカブの3速遠心ならいくらでもありそうですけど、モンキーの4速マニュアルはなかなか出ないのかな?中華載せ換えで不要になったモノが出てもよさそうに思いますが・・・>6vエンジンを載せるためにはどのような加工をすればいいですか?ご自身で作業されるのかな?まずは問題を分けて考えると良いと思います大雑把ですが1:車体の問題2:点火の問題3:灯火類の問題1については、余程のことが無い限り問題ないと思います元がキャブ車なら吸排気も流用で良いと思いますただ、壊れた原因がその辺にあると困るので確認は必要ですチェーンラインも要確認2については、例外はありますが概ね12V=CDI点火、6V=ポイント点火の違いがあるので、これに関する部品の変更、配線の加工や工夫が必要になりますCDIとポイントでは、イグニッションコイルの互換がありませんので、これは交換配線の加工や工夫については、12Vと6Vの配線図を見比べて、違う部分をどう処理するかを考えると良いと思います3については、これにも例外はありますが、12Vと6Vではジェネレーターで発電した後の仕組みが違う部分があります元のジェネレーター自体は、12と6で外見や能力の違いはありますが、やっていることは同じ交流発電です発電後の仕組みをどうするかで、確認する部分、配線の加工や部品の変更も変わりますいずれにしても2でエンジンがかからないと確認できない部分ではありますが、これも2と同じく配線図を見比べて、違いを理解されてから考えると良いと思います>アドバイスお願いします6Vに12Vでも、12Vに6Vでも、上記の2、3が一番の問題になると思います作業を確実に進めるには、やはり配線図と、その理解は必須だと思いますただ、ここまで書いておいてなんですけど6V時代のエンジンといえば、新しくても30年近く前の物になります積み換えが上手くいっても、他の問題が出る可能性も考えられますいまだに部品は多々ありますが、一部には純正新品では入手できない部品もでてきました元の12Vのエンジンの壊れた箇所や具合、程度が不明なので何とも言えませんが、そちらを直すという選択肢はないのかな?ご参考までナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###直した方が早いと思います。ナイス0
###そう難しくはなく、6VCDIエンジンでは、配線をそのままで載せかえられ、それと同時に12V化されます。ポイントエンジンでは6V用のイグニッションコイルをそろえるだけです。当然配線が少し変わりますけど。CDIは使いません。当然CDIにつなぐ線はあまります。具体的には、車体の””黒白線と黒黄線(の2つの線)””にポイントエンジンから出ている黒(又は黒白)線をつなぎます。 黒黄色線は12Vイグニッションコイルがついていますので、それをはずして6V用のイグニッションコイルをつなぎます。 黒白線はキースイッチに繋がっていてキーOFF時にエンジンストップさせるためには必要です。ナイス0
###電装系をすべて6Vに変更することです。ナイス0

 

TAG