投資信託でなかなか儲からない商品は塩漬けな

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-02-09 00:00
投資信託でなかなか儲からない商品は塩漬けなどと言って,早く損切りした方が良いと言う話が言われていますが 考え方として,そこで損して終わらせては損が決定してしまいそれでおしまいです。死ぬまでは上がると言う信念で持ち続けていればそれが実って儲かる可能性も残されているわけです。 そもそも投信は上がると言う前提で買う物ですから途中であきらめるのは以下がなのでしょうか。 どう考えても上がるまで持ち続ける方が賢明と思えるのですが違いますか?。 お金が無くて損をしても現金が必要な人は話は別です。そういう人はそもそも投信をしない方がいいのでないでしょうか「。共感した0###個人的意見です。投資判断も 自己責任でお願いします。10年やって やっと1割儲かったとか、20年やって やっと2割儲かったと言っても、大損だと私は思います。大きな機会損失をしています。普通に資産危険分散して 販売手数料ゼロ 0.3%以下の低信託報酬の投資信託を買えば、10-20年以上なら 年平均3-4%程度で運用できる可能性は かなり高いです。例えば3.5%として1.035^10年=1.41059・・・ (41%も増える)1.035^20年=1.98978・・・ (約2倍になる)にもなります。参考サイト グラフC参照波乱に負けない分散投資 積み立てでコツコツhttps://style.nikkei.com/article/DGXMZO90941110V20C15A8PPE001/ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###貯金しておくお金なら損切りしません。損切りなんて悔し過ぎて絶対に出来ません。リーマンショックは体験していませんが、リーマンショックで損切りした人は、慌てて損切りするなんとかは貰いが少ない。だったらしいです。ナイス0
###上がると思うなら買い増し。下がると思うなら損切り。なんで塩漬けなの?ナイス0
###将来のリスク対策に有効という重要なことをわすれてはいけません。資産は増えますので、下がるだのあがるだのよりだいじなことは、より資産を増やし続けることです。儲からないというひと、どこかのせいや、どこかに運用利益をもとめたり、まるで幼稚園です。運用成績をよりあげられることからおしえないと、家計を守るべき重要性ある将来はほったらかし感まんさいです。 大きな波にのっていけることが目の前におとずれている序章さえ馬鹿にしたいのかと、情けないね。まだ日本人はこれから大きな力をたくわえていることは感じます。ナイス0
###株はそうですね。特に低コストなメジャー指数の世界の時価総額に連動するインデックスファンドなどは、それで全然良いと思います。もしこれらで大負けするとしたら、株に代わる新しい価値を創造するタイプの投資対象(仮想通貨とか無生産な対象はまったくの論外)が生まれた場合と、世界大戦が長期化した場合だけです。(金融センター国の入れ替えや、短期的な戦争なら何も問題はない)あ、あと平均PERが高くなりすぎていたり、無価値なものが価値が有るとみなされ(この場合平均PERも上がるので注意)特殊な値上がりが起きている場合は別です。個別株は、個別の要因があるのでケースバイケースです。通貨などはいくらでも通貨危機が起き、しかも信用でしか価値が備わっていないペラペラな資産ですから、価格が戻らないなんて事例は腐るほどあります。なので明らかに塩漬けはだめです。なのでモノによりますね。ナイス0
###商品の中身によるんじゃないかな中身を理解しないで買ってる人が多すぎるからね。儲かろうが損しようが本人が選んで買ってるので、後は自己責任です。単一で考えないで、今持ってる商品に損失が出てたとしても、他の商品がもっと割安でいい商品なら交換するのはありです。そういうのは損切りだとは思ってません。 解釈は人それぞれですが。ナイス0

 

TAG