キャピタルゲインへの課税を考える。A株が当初

Writer: admin Type: schwart Date: 2019-02-09 00:00
キャピタルゲインへの課税を考える。A株が当初200万円で物価が2ばいになるとき、税引き後の実質利益は、万年筆で何本分か?下を参考に、一番近いものを答えよ。①4本分 ②8本分 ③12本分 ④16本分万年筆1本一万円→二万円へ課税率20%A株200万→(インフレ無し)240万円 税8万購売力 購買力(税引き後)万年筆200本分 万年筆232本分 実質利益は32本分200万→(インフレ2倍)○万円 税△万円購買力 購買力(税引き後)万年筆200本分 万年筆□本分 実質利益は×本分 このような問題が出されたのですが、さっぱり分かりません。①〜④のうちどれが答えなのか、そして○△□×は何が入るのか、解説も含めてどなたかご回答お願い致します。補足見辛くなってしまい申し訳ありません。A株200万、購買力、万年筆200本が一つの塊で、240万 税8万、購買力(税引き後)、万年筆232本がまた一つの塊といった感じになり、下のインフレ2倍も同様です。共感した0###答え・・・③〇・・・480△・・・56□・・・212×・・・12税金で28本分引かれてます。ナイス0
###回答ありがとうございます。考えたのですが、税金が56になる理由がさっぱりわかりません。480は200を2倍にしてそこに20%をかけてるのは分かるのですが...宜しければそこの解説をお願いできないでしょうか?
###回答ありがどうございます。よく分かりました。もしよろしければ、もうひとつ教えて頂きたいことがありますので、そちらにも答えてもらえたら幸いです。

 

TAG